GREETING

スタッフ平良

インスタグラム平良

略歴
1985年4月15日 生 沖縄県出身
2005年(20歳):疾病予防施設に健康運動指導士として勤務。主に生活習慣病の方々を対象に運動のサポートを行う。
2011年(26歳):スポーツ整形外科にスポーツトレーナーとして勤務。術後のリハビリのサポートや障害予防サポートに従事。
2012年(27歳):東洋医学・西洋医学の両方からカラダの不調にアプローチするフィジカルコンディショナー取得
2012年(27歳):資格取得後パーソナルトレーナーとして独立。スポーツクラブやマイクロジムにて月に120件のトレーニングサポートを実施。
2017年(32歳):パーソナルトレーニングスタジオBranch.をオープン。

スタッフ平良

インスタグラム平良

略歴
1985年4月15日 生 沖縄県出身
2005年(20歳):疾病予防施設に健康運動指導士として勤務。主に生活習慣病の方々を対象に運動のサポートを行う。
2011年(26歳):スポーツ整形外科にスポーツトレーナーとして勤務。術後のリハビリのサポートや障害予防サポートを行う。
2012年(27歳):東洋医学・西洋医学の両方からカラダの不調にアプローチするフィジカルコンディショナー取得
2012年(27歳):資格取得後パーソナルトレーナーとして独立。スポーツクラブやマイクロジムにて月に120件のトレーニングサポートを実施。
2017年(32歳):パーソナルトレーニングスタジオBranch.をオープン。

日本一お客様を信じるパーソナルトレーナー

初めましてBranch.代表の平良賢志と申します。

20歳のから内科の病院に併設されたトレーニング施設で健康運動指導士として運動のサポートをしていました。病院に来るときには暗い表情で姿勢も悪い状態だった患者様も帰る時には明るい表情をして帰って行きました。運動を通して誰かの力になれていたことは、初めのうちは大きなやりがいでした。
しかし、一時的な指導だけでは患者様の生活や運動の習慣までは変えることができません。結局多くの方が、数週間も経たずにまた症状を悪化させて再来院される状況に次第に歯痒さを感じるようになりました。

もっと一人一人の近くで、その人の抱える問題を解決したい!その思いを実現させるため、パーソナルトレーナーを志し27才で独立。
スポーツクラブやジムで月120件のパーソナルトレーニングを行い、2017年10月にパーソナルトレーニングスタジオBranch.をオープンしました。

誰かに信じてもらえることが原動力になる

8歳からサッカー少年だった私は、沖縄の熱いグラウンドで毎日日が暮れるまで練習してもいつもベンチで試合を眺めている補欠選手でした。
しかし、6年生の冬の試合でレギュラー選手が体調不良のため試合に出られなくなり、代わりに私が試合に出られることに。

試合の前日、滅多にないチャンスにも関わらず、初めての実力を試される状況に縮こまっている私にいつも寡黙な父が、『お前ならできる』と言ってくれました。
『別に、、できるし、、』と強がっていましたが内心、心がスッ〜と落ち着き翌日の試合に向けての良いイメージがどんどん出てくるようになり、試合では恐れることなく思う存分プレーできました。
『お前ならできる』ありふれた言葉ですが父が私の努力を信じていたことが、私に勇気を与えてくれたのです。

何かを始める時、努力する時、自分を信じてくれる人がいることは大きな力になります。トレーニングにおける、私たちトレーナーの使命は、誰よりもお客様の力を信ことだと考えています。
「日本一お客様を信じるパーソナルトレーナー」として、頑張っている人、不安を抱えている人の背中を押すことが、私の目標です。

 
 
 

PAGE TOP