STAFF

スタッフ平良

略歴
1985年4月15日 生 沖縄県出身
2005年(20歳):疾病予防施設に健康運動指導士として勤務。主に生活習慣病の方々を対象に運動のサポートを行う。
2011年(26歳):スポーツ整形外科にスポーツトレーナーとして勤務。術後のリハビリのサポートや障害予防サポートに従事。
2012年(27歳):東洋医学・西洋医学の両方からカラダの不調にアプローチするフィジカルコンディショナー取得
2012年(27歳):資格取得後パーソナルトレーナーとして独立。スポーツクラブやマイクロジムにて月に120件のトレーニングサポートを実施。
2017年(32歳):パーソナルトレーニングスタジオBranch.をオープン。

スタッフ平良

略歴
1985年4月15日 生 沖縄県出身
2005年(20歳):疾病予防施設に健康運動指導士として勤務。主に生活習慣病の方々を対象に運動のサポートを行う。
2011年(26歳):スポーツ整形外科にスポーツトレーナーとして勤務。術後のリハビリのサポートや障害予防サポートを行う。
2012年(27歳):東洋医学・西洋医学の両方からカラダの不調にアプローチするフィジカルコンディショナー取得
2012年(27歳):資格取得後パーソナルトレーナーとして独立。スポーツクラブやマイクロジムにて月に120件のトレーニングサポートを実施。
2017年(32歳):パーソナルトレーニングスタジオBranch.をオープン。

日本一お客様を信じるパーソナルトレーナー

初めましてBranch.代表の平良賢志と申します。
20歳のから内科の病院に併設されたトレーニング施設で健康運動指導士として運動のサポートをしていました。病院に来るときには暗い表情で姿勢も悪い状態だった患者様も帰る時には明るい表情をして帰って行きました。運動を通して誰かの力になれていたことは、初めのうちは大きなやりがいでした。
しかし、一時的な指導だけでは患者様の生活や運動の習慣までは変えることができません。結局多くの方が、数週間も経たずにまた症状を悪化させて再来院される状況に次第に歯痒さを感じるようになりました。
もっと一人一人の近くで、その人の抱える問題を解決したい!その思いを実現させるため、パーソナルトレーナーを志し27才で独立。
スポーツクラブやジムで月120件のパーソナルトレーニングを行い、2017年10月にパーソナルトレーニングスタジオBranch.をオープンしました。

誰かに信じてもらえることが原動力になる

8歳からサッカー少年だった私は、沖縄の熱いグラウンドで毎日日が暮れるまで練習してもいつもベンチで試合を眺めている補欠選手でした。しかし、6年生の冬の試合でレギュラー選手が体調不良のため試合に出られなくなり、代わりに私が試合に出られることに。
試合の前日、滅多にないチャンスにも関わらず、初めての実力を試される状況に縮こまっている私にいつも寡黙な父が、『お前ならできる』と言ってくれました。『別に、、できるし、、』と強がっていましたが内心、心がスッ〜と落ち着き翌日の試合に向けての良いイメージがどんどん出てくるようになり、試合では恐れることなく思う存分プレーできました。『お前ならできる』ありふれた言葉ですが父が私の努力を信じていたことが、私に勇気を与えてくれたのです。
何かを始める時、努力する時、自分を信じてくれる人がいることは大きな力になります。トレーニングにおける、私たちトレーナーの使命は、誰よりもお客様の力を信ことだと考えています。
「日本一お客様を信じるパーソナルトレーナー」として、頑張っている人、不安を抱えている人の背中を押すことが、私の目標です。

資格
フィジカルコンディショナー
ファーストエイド<心肺蘇生資格>


トレーナーKumi

松本久美オフィシャルサイト→

略歴
4月15日生まれ 福岡県出身
2006年:オーストラリア留学
オーストラリア研修で刺激を受け海外スポーツを学ぶために留学を決意
2007年:医療法人愛成会東野産婦人科勤務。院内にある運動指導室の立ち上げを行い、産前・産後の運動指導に係わる。
2011年:医療法人二田クリニック勤務。糖尿病をはじめ、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病予防の為に運動療法士としてクリニックに勤務。医師と共に運動療法研究会に参加し、講演会も行う。
2017年:一人、一人のカラダに合わせたトレーニング指導の重要性を感じパーソナルトレーナーとして活動。11月よりBranch.にて活動を始める。

トレーナーKumi

松本久美オフィシャルサイト→

略歴
4月15日生まれ 福岡県出身
2006年:オーストラリア留学
オーストラリア研修で刺激を受け海外スポーツを学ぶために留学を決意
2007年:医療法人愛成会東野産婦人科勤務。院内にある運動指導室の立ち上げを行い、産前・産後の運動指導に係わる。
2011年:医療法人二田クリニック勤務。糖尿病をはじめ、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病予防の為に運動療法士としてクリニックに勤務。医師と共に運動療法研究会に参加し、講演会も行う。
2017年:一人、一人のカラダに合わせたトレーニング指導の重要性を感じパーソナルトレーナーとして活動。11月よりBranch.にて活動を始める。

運動はキツイものではない

福岡医健専門学校卒業後、21歳の時に語学留学を兼ね、現地の運動施設を体験する為オーストラリア留学しました。
日本に比べ運動が盛んで、ベビーカーを押してランニングしている人がいるほど運動が日常に馴染んでいて、スポーツクラブも若い方から70代ぐらいの方が楽しみながら運動している様子に衝撃を受けました。
運動はキツイものだと思い込んでいる日本の方たちに『運動することが健康で笑顔になる』ということを持ち帰り伝えたいと思いました。
帰国後、運動する事が必要な疾患を抱えた方々に、運動の楽しさを伝える為、健康運動指導士を取得し内科のクリニックで個別の運動カウンセリングと運動教室を担当し10,000人以上の患者さんと接してきました。

痛みや体力の衰えを諦めず、一生涯自分の脚であるこう!

内科のクリニックに勤務していた頃、60代〜80代の患者さんが生活習慣病ではなく、膝や腰などの痛みで、’あぐらをかく’などの簡単な動きすら出来ず、ストレッチもままならない状況を目にしました。
『運動のやり方を知らず、出来ないと思い込んでいる事を変えたい。』
カラダを動かさないと早いスピードで筋力が低下し、寝たきりや骨粗鬆症などの原因に繋がってしまいます。生活習慣病もその一つで、糖尿病・高血圧・脂質異常症の方も必ず運動が必要になります。
こういった思いから、一人、一人の痛みやカラダの悩みと向き合う事が大切だと感じ、2017年10月よりパーソナルトレーナーとして活動を始めました。
運動はキツイだけではありません!一生涯自分の脚で歩く為に、一人一人に向き合いご自身にあった運動をお伝えし、その方の人生がより良いものになるお手伝いをします。
是非一度、ご自身のカラダを見つめ直すきっかけを作って見ませんか?必ずカラダは変わります。体力の衰えやカラダの痛みで運動を諦めている方は、是非一度私にお悩みをお聞かせください。
あなたに寄り添う運動のパートナーとして全力でサポートします。

資格
健康運動指導士
FTPベイシックマットピラティス
シナプソロジーインストラクター


スタッフ森山翔太

資格
健康運動指導士
JCCAベーシックインストラクター
NESTAキッズコーディネーショントレーナー

スタッフ森山翔太

資格
健康運動指導士
JCCAベーシックインストラクター
NESTAキッズコーディネーショントレーナー

トレーニングで過去の自分を超える

子供の頃から10年以上水泳を続け、体に対してコンプレックスは少ない方でしたが、福岡市営プールで働く27歳のとき、仕事の忙しさから不規則な生活になってしまい、トレーナーとして働いていたにも関わらずガリガリに痩せてしまいました。貧相になっている自分の姿を見て情けない気持ちになり、劣等感から魅せる体づくりを目指しウエイトトレーニングを始めました。
しかし、食事が不十分だっただけではなく、トレーニングに関する知識や動きの分析も疎かで、1年経っても思っていたより筋肉が増えず、身体の変化に周りから気づいてもらえることはありませんでした。
このままでは運動指導者としてプロの意識が足りないと思い、学生時代の基礎解剖学、運動生理学、栄養学を学び直しました。トレーニングはもちろん食事管理を徹底。自分を成長させるために必要な最新の文献を読みあさり、筋力をつけることに特化したメニューを組み直し、フォームを根本から改善しました。
1年間続けると筋肉がついたことを周りから褒められるようになり、過去の自分を超える体になったことを実感しました。さらに2017年には九州中の筋肉男子が集う筋肉美のコンテストにも出場するほど自分に自信が持てるようになり、パーソナルトレーナーを志しました。
私はボディメイクを行うことで体だけでなく、心も成長させることができました。お客様にも美しい体になってもらうだけでなく、自信に満ちた活気ある毎日を過ごしていただけるよう全力でサポートいたします。


 

Branch.という名前に込めた思い

Branch.には『枝葉』という意味があり、枝葉は太陽に向かって伸びていきます。
姿勢も太陽に向かって伸びていくような魅力的な姿勢になってほしいとの願いを込めてつけました。

ブランチのロゴ

PAGE TOP