BLOG

ダイエットに有酸素運動よりも無酸素運動を選ぶ理由

こんにちは😃

トレーナーの森山です。

前回の記事では、ダイエットには有酸素運動も無酸素運動も

効果があることをお伝えしました。

そして、二択となれば迷わず無酸素運動(筋トレ)を選ぶところで

終わっていましたので、今回はその理由について述べます。

まずは有酸素運動のデメリットを説明します。

・筋肉量を増やす効果はなく、一時的なカロリー消費にしかならない。

・高頻度や長時間の有酸素運動は、コルチゾルというホルモンの分泌を高め、脂肪ではなく筋肉を燃やしてエネルギーにする。

・ダイエット中は栄養が不足しがちで回復が遅れるので、エネルギー消費が大きい有酸素運度はオーバーワークになりやすい。

※ここで少し宣伝になります(笑)ブランチではダイエット中も必要な

栄養が補えるように脂質コントロール弁当を取り扱っております😋

話を戻しまして、続いては無酸素運動のデメリットです。

・効率よく成果を出すには器具が必要で、コストがかかる。

・間違ったトレーニングでは怪我に繋がる。

・正しい知識がなければ想定外の結果にもなる。

よくある例として、骨盤の動きが悪い状態でスクワットをしても、ヒップアップではなく、太ももに効いてしまいます😭

以上のことから、正しい知識で無酸素運動をすることを選びます。

ただし、これは二択であった場合の話ですので、実際にはそれぞれの

弱点を考慮したプログラムを組むことでダイエットが更に捗ります。

気になった方は、ブランチの初回体験を受けてみてくださいね‼️

お盆も休まず営業中です!!

関連記事

  1. ブランチのロゴ
PAGE TOP