BLOG

食べた翌日に体重が増える理由

こんにちは!

トレーナーの森山です😊

夏に向けてダイエットされている方も増えて

きましたので、今日は食べた翌日に体重が増

えてしまう理由について説明します。

これを知っていれば、体重の増減で一喜一憂

する必要がなくなりますので、せび最後まで

お読みください。

ヒトは炭水化物(糖質)を食べると、身体活動を

行うときのエネルギー源としてストックします。

体に蓄えられた糖は、スポンジのような性質が

あり、食べた量の3倍の水分を引き込みます。

例えば、全く糖質を摂っていなかった方が、

茶碗3杯のご飯を食べたとします。

茶碗3杯の糖質量・・・約180g

引き込む水分・・・180×3=約540g

180+540=約720g体重が増えるとなります。

これが炭水化物が太ると拡大解釈されている

理由の一つです。実際はそんなに太りません

し、ブランチでも炭水化物を制限するような

ダイエット方法は推奨しておりません。

ちなみに、たんぱく質や脂質には水分を引き

込む作用はないので、ダイエット中のお客様が

急激に体重が増えてたりすると、たとえ黙って

いたとしても、甘いものをドカ食いしている

ことがトレーナーさんにバレています(笑)

もちろん一時的に浮腫んでいるだけなので、

元の食生活と運動を続ければ数日で体重は

落ちます。

ここで諦めるのはもったいないです!

一時的な増加だと割り切って継続しましょう!

ブランチでは体重を落とすことの結果ばかりを

追い求めるのではなく、心身ともに健康的に

継続性のあるダイエットを目指しています。

また、定期的に勉強会を開催し、トレーナー

さんのブラッシュアップも行っています。

『たんぱく質は摂り過ぎても問題ないの?』

『体に良い油って痩せるの?』

『停滞したときはどうしたらいいの?』

小さな疑問から何でもお気軽にご相談ください。

最先端の情報でアナタのお悩みを解決します!

記事:森山翔太

ブログ画像ブログ記事:森山翔太
紹介文:トレーニングで過去の自分を超える!
私はボディメイクを行うことで体だけでなく、心も成長させることができました。
お客様にも美しい体になってもらうだけでなく、自信に満ちた活気ある毎日を過ごしていただけるよう全力でサポートいたします。

また、ブランチでは、自宅で簡単にできるエクササイズ動画、

トレーニングやダイエット関わる情報をLINE公式アカウント

より配信してまいります。

少しでも運動不足解消の手助けになれれば幸いです!

【ブランチ公式アカウント】

友だち追加

宜しければ友達登録していただきご活用下さい。

関連記事

PAGE TOP