BLOG

ダイエット食に関する誤解5選

こんにちは!

トレーナーの森山です😊

今回はダイエット食に関する誤解5選です。

特に多い事例をまとめましたので、間違えた

知識を身につけていないか確認してみましょう!

①糖質を摂らない

確かに現代人は糖質を摂り過ぎている傾向が

あり、それが肥満の原因ともなっています。

よって、糖質を減らすとダイエットが上手く

いきますが、一切摂らないと糖代謝能力が低下し、

結果太りやすい体質になります。

ダイエット後のリバウンド防止まで考えると、

糖質を摂りながら運動で代謝させていくことが

極めて重要です。

②プロテインはムキムキになる

プロテインは筋肉をつける材料になりますが、

ムキムキになるかは運動強度と食生活により

ます。また、プロテインを飲むだけで簡単に

筋肉がつくのであれば、医療薬に認定され、

筋力不足で困っている多くの方々を救えます。

少し言い過ぎましたが、最近は健康や美容目的で

プロテインを摂る女性も増えているようで、

この誤解は年々減っているように思います。

③身体に良い油を摂ると痩せる

いくら身体に良い油であっても、今の食事に

プラスするだけでは、カロリーをカサ増しして

いるだけでダイエットには逆効果です。

ただし、身体に良いとされる油(えごま油や

アマニ油、魚油等)は、エネルギー効率が良く、

身体に溜まりにくい性質がありますので、

悪い油と置き換えると効果的です。

④運動後はなるべく食べない

ずばり逆です!

運動直後の食事が一番太りづらく、最も筋肉

が付きやすいタイミングです。

ここで食べないのは、筋肉にダメージを与える

だけで非効率ですし、ストイックとも言えます(笑)

⑤たんぱく質を摂りすぎると腎臓が悪くなる

以前のブログでも書きましたが、今でも続く

迷信です。たんぱく質の摂取量を増やしても

腎臓が悪くなる裏付けはありません。

それどころか、たんぱく質量を増やすことで

健康に良い影響をもたらします。

ただし、慢性腎臓病の方はたんぱく質摂取量を

制限されることがありますので、それにより

たんぱく質量が多い=腎臓が悪くなる

になったのかもしれませんね。

さて、思い違えている部分はありましたか?

明日から正しい知識で実践していくことで

皆様が理想の身体に少しでも近づけることを

心から願っています👍

記事:森山翔太

ブログ画像ブログ記事:森山翔太
紹介文:トレーニングで過去の自分を超える!私はボディメイクを行うことで体だけでなく、心も成長させることができました。お客様にも美しい体になってもらうだけでなく、自信に満ちた活気ある毎日を過ごしていただけるよう全力でサポートいたします。

また、ブランチでは、自宅で簡単にできるエクササイズ動画、トレーニングやダイエット関わる情報をLINE公式アカウントより配信してまいります。少しでも運動不足解消の手助けになれれば幸いです!

【ブランチ公式アカウント】

友だち追加

宜しければ友達登録していただきご活用下さい。

関連記事

PAGE TOP