BLOG

反り腰の人が気をつけたい腹筋

こんにちは!

トレーナーの森山です😊

前回のブログで反り腰の人は腹筋の仕方に注意が

必要ですとお伝えしました。

今日はその理由と対策について述べます。

まず、なぜ上体を起こしきる腹筋を避けた方が良い

のか説明します。

上体を最後まで起こすと、股関節を中心に動き、脚

の付け根の筋肉(腸腰筋)に効いてしまいます。

写真①

反り腰の方は、腸腰筋が緊張している場合が多く、

柔軟性を高めたいので、トレーニングすると逆に

悪化してしまう可能性があります。

(腸腰筋が上手く働いていないことが反り腰の原因

になっていることもあります。)

腹筋は弱いので鍛えなければいけないですよね?

では、どうするのか?

答えは、脚をあげて股関節を曲げておくことです。

こうすることで脚の筋肉が関与せず、腹筋だけに

しっかり効かせることができます。

写真②

目線はヘソを見て、肩甲骨が床から離れるよう背中

を丸めてください。

反動を使わず、一回一回丁寧に行いましょう。

また、反り腰の方は背中の筋肉が硬く、上体を丸める

ことができない場合もあります。

そのような方は一度ブランチの体験を受けてみてく

ださいね😊

関連記事

  1. ブランチのロゴ
PAGE TOP