BLOG

お酒が筋トレに及ぼす影響について

こんにちはトレーナーの中島です😚

前回は「お酒はなぜ太るのか?」についてお話ししました。

今回はお酒を飲むと体に、筋肉にどんな影響があるかご説明します。

 

1.テストステロンの分泌量の低下

お酒を飲むと、テストステロンという男性ホルモン(筋肉を作るためのホルモン)

の分泌がへるため、筋肉をつくるのを邪魔してしまいます。

2.コルチゾンの増加

お酒を飲むと、コルチゾンと言う筋肉を分解してしまうホルモンが分泌され、

筋肉を弱くすると言われています。

3.内臓が疲労する

筋トレやトレーニングで筋肉を疲労させると、回復するために内臓にも

負担がかかると言われています。そこにお酒を飲むと、

さらに内臓が疲労してしまい(オーバーワーク)筋肉の回復を妨げてしまいます。

まとめると、筋肉を大きくする物質が減り、筋肉を分解する物質が増える。

筋合成をも妨げるため、筋トレの効果も出にくくなるということです。

筋力アップしたい男性や、ダイエット中の女性にとっても、

お酒を飲むことはその目的の遠回りになってしまいます💦

休肝日等を設けたり、筋トレした日は飲酒しない等、工夫してみてください🙌

ブログ記事:中島裕太
筋トレで服が似合う体をつくろう!近年のトレンドであるビッグシルエットちょっと太っていても簡単に着れてしまう・・・
今はよくてもトレンドはいずれタイトシルエットの方向に向かっていくはずです。
今からでも遅くありません!オシャレを楽しむため体系をキチンと管理していきましょう!

関連記事

PAGE TOP