BLOG

トレーニング日記:フォームだけでは怪我のリスクは回避できない!?

トレーニングを始めて3カ月のSさん30代男性

branchでパーソナルトレーニングを始めたきっかけがトレーニング

フォームは守っていたが肩の痛みが出て、何が悪いのかを知りたいと来館。

フォームを守る事は怪我を起こしやすい動作を避けるために守らないと駄目です。

でもトレーニングフォームを守っても痛みが起きてしまうことがあります。

それが普段の生活でついた悪い姿勢です。

例:ベンチプレスフォームが崩れてしまいやすい方の姿勢

・肩の高さが左右バラバラ

・猫背

トレーニングの前に身体を整える必要があります。

Sさんも猫背があり肩の左右のバランスが崩れており、

左右のバランスを整えるストレッチとトレーニングを行いました。

身体を修正後ベンチプレスを実施

『いつもの痛みがない!』と言いながら40kgの重りを

10回3セット。今では重りも50kgに上がり姿勢も改善

トレーニングフォームを意識してもご自身の身体の歪みがあると

痛みが出てしまいます。

トレーニングをしている中で痛みや気になることがある方は是非一度

branchの体験を受けて見てくださいね!

関連記事

  1. ブランチ室内
PAGE TOP