BLOG

小尻も上半身から。『ベンチプレスに挑戦』(7回目のパーソナルトレーニング日記) 

水原季子の様な小さなお尻を目指している26歳のSさん。前回までスクワットを中心にお尻周りを鍛え普段の生活でも意識的にお尻を使えるようになってきました。下半身が強くなってきたので今回から上半身のトレーニングを始めます。

小尻になっても姿勢が悪いとスタイルが良く見せれませんよね?姿勢の悪さを正すためには、大胸筋のトレーニングが大切です。

そんなわけで本日(4/ 25日)は美しい姿勢には欠かせない『大胸筋』を鍛えます。

大胸筋はその名の通り胸で一番大きな筋肉で、胸郭・鎖骨から腕をつなぐ筋肉です。

猫背を正すのに大きな役割を持っているだけでなく、背中のキレイなラインを作るのに役立ちます。ウエストのくびれを作るのにも一役たちます!

胸の代表的なトレー二ングはベンチプレスです。まずは7kgから

 

動きを見ると腕で頑張っているように見えますが、主に腕で頑張っているように見えますが、主に胸の筋肉を使っています。

Sさんも実際にやってみると、背中が丸まって腕だけで持ち上げ上手く大胸筋が動きませんでした。

そこで、大胸筋の伸びが分かるストレッチを行いました。

ストレッチを終え、再びトレーニング開始。胸を使う感覚がつかめてきたので10回を3セット繰り返し、『胸が大きくなったかも(笑)』と鏡をみながらパンプアップした姿に満足そうでした。

フォームが崩れると肩を痛めやすいベンチプレス。今後も様子をみながら15kgまで重りをあげていきたいと思います。

Sさんの目指すスタイルまで全力でサポート致します。目指せ!水原季子

関連記事

PAGE TOP