BLOG

女性のシックスパックは不健康!?

森山 翔太

こんにちは

トレーナーの森山です😊

女性でバキバキに腹筋を割りたいという方は

少ないかもしれませんが、今回は割れた腹筋と

健康上の問題について説明していきます。

目次

  • 1 体脂肪率
  • 2 アスリートも大会時期以外は体脂肪多め!?
  • 3 痩せない!?
  • 4Branch.オススメ記事

1 体脂肪率

ヒトには最低限必要な体脂肪量があり、

女性は12%(男性は4%)と言われています。

これ以下の数値になると大抵の場合、腹筋は

縦にも横にも割れてみえるのですが、女性が

この状態をキープしていると、生理不順や

骨粗しょう症などのリスクを高めてしまい、

体は正常な状態を維持できなくなります。

2 アスリートも大会時期以外は体脂肪多め!?

 

女性ボディビルダーや短距離走選手などで

シックスパックをみかけることもあるかと

思いますが、これは大会に向けて調整されて

いるものです。オフシーズンは脂肪を極端に

減らさないようにされています。

3数値ばかり気にしないように!

 

体脂肪率12%以下は誰でも簡単になれるわけ

ではありませんが、12%以上でもこういった

問題が出る場合がありますので、女性は慎重に

ダイエットを進めていきたいですね!
4Branch.オススメ記事

記事:森山翔太

ブログ記事:森山翔太
紹介文:トレーニングで過去の自分を超える!私はボディメイクを行うことで体だけでなく、心も成長させることができました。お客様にも美しい体になってもらうだけでなく、自信に満ちた活気ある毎日を過ごしていただけるよう全力でサポートいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⭐️ブランチパーソナルトレーニングの考え⭐️
無理な食事制限は一過性のもので長続きしないし、運動が苦手・運動習慣がない方が日常生活でついた癖(猫背やスマホ首)そのままで運動すると健康のために始めた運動が身体を悪い方向に導いてしまいます。無理に運動をするのではなく、まずは、姿勢改善や日頃の癖を正すストレッチから始め、身体の不調を取り除くことからスタートしてみませんか?身体の不調が取り除かれると身体を動かすのが楽しくなり生活習慣に運動を取り入れても苦になりません。
気になる方は是非!お気軽にお問い合わせ下さい!😆

 

関連記事

PAGE TOP