BLOG

肌質改善パート1

パーソナルトレーニングスタジオBranch.

中村 大詩

こんにちは。

トレーナーの中村です。

今回はちょっと違った目線から。

テーマは『肌質改善ついてです。』

目次

1 共通しているポイント(食事編)
2 他にも
3 関連記事

1、共通しているポイント(食事編)

肌質は性別や体質によって大きな差が出ることが多

いですが共通している部分も多くあります。

今回はそのどんな肌質にも共通しているポイントを

お伝えします。

「肌質」は外部からの刺激(紫外線やクリーム、洗顔

等)よりも内部からの刺激(ホルモンバランスや栄養)

の影響を受けると言われています。割合にして内部

刺激8に対して外部刺激2くらいの割合です。

まずは内部刺激にアプローチできる食事編です。

〜食事(汚肌編)

・肌荒れを起こすと言われている三大栄養素

◉オメガ6(脂質)

揚げ物、植物油、肉類、ドレッシング、マヨネーズ

オメガ6とは脂肪の種類です。

多くの場合、加熱処理されているか加熱してから食

すため「酸化ストレス」に晒されています。このス

トレスは身体にも直接影響を与えますが酸化ストレ

スは直接老化の原因となります。また、老廃物とし

て溜まった脂肪分は吹き出物の形で外に排出されま

す。

◉ビタミン12

ファストフード、豚肉、加工肉(ベーコン、ハム、ベ

ーコン)

ファストフードは手軽に食べられるハンバーガーや

牛丼なども含まれますが、これらを含む加工された

食品(特にお肉)は体への有害反応が多く確認されて

います。

ホルモン異常などを含む病気や疾患が多くあり、そ

の前段階として肌の状態が悪化します。加工肉より

赤身肉それよりも白身肉(鶏肉)の方が健康的と言わ

れる理由はここにあります。

◉精製糖

ケーキ、スナック菓子、焼き菓子、ジュース

精製された糖は多くの場合エネルギーとして排出し

きれないため脂肪や老廃物として身体の中に留まり

ます。結果、肌荒れを引き起こします。

酸化ストレスも加わり内部から肌を酸化させます。

さらに糖は糖化という酸化と同じような作用を引き

お越し酸化+糖化=老化するため、シワやたるみの

原因となります。

2.他にも

今回は肌質改善のために避けたい食事を書きまし

た。次回以降として。

・食事編(足りないもの編)

・食事(美肌編)

・美容品(知識編)

・美容品(ケアアイテム編)

・美容品(嘘編)

を書いていく予定です。

ではまた次回。

3.関連記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⭐️ブランチパーソナルトレーニングの考え⭐️
無理な食事制限は一過性のもので長続きしないし、運動が苦手・運動習慣がない方が日常生活でついた癖(猫背やスマホ首)そのままで運動すると健康のために始めた運動が身体を悪い方向に導いてしまいます。無理に運動をするのではなく、まずは、姿勢改善や日頃の癖を正すストレッチから始め、身体の不調を取り除くことからスタートしてみませんか?身体の不調が取り除かれると身体を動かすのが楽しくなり生活習慣に運動を取り入れても苦になりません。

気になる方は是非!お気軽にお問い合わせ下さい!😆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、ブランチでは、自宅で簡単にできるエクササイズ動画、

トレーニングやダイエット関わる情報をLINE公式アカウント

より配信してまいります。

少しでも運動不足解消の手助けになれれば幸いです!

【ブランチ公式アカウント】

友だち追加

宜しければ友達登録していただきご活用下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ記事:中村 大詩
紹介文:私自身、身体にコンプレックスを持ち、外に出るのは嫌でしたが、
トレーニングで身体が変わっていくとどんどん自信がつき今では洋服を
選ぶのが楽しく仕方ありません。
自分の体型を隠す服を着ている方へ、ぜひ自分の好きな服が選べるようば
スタイルになり『人に会いたくなる毎日』を送ってください。
そうなるためのサポートが私の使命だと思っております。

関連記事

PAGE TOP