BLOG

ダイエットの後遺症?痩せたけどこの時期の寒さが耐えれない…

福岡市西区姪浜でダイエットをお考えの方へ

 

不調なく【動けるカラダづくり】から始めませんか?

Branch×Rebodyでは数値を追うようなきついダイエットやカラダを酷使するようなトレーニングではなく、

本来のカラダの動きを取り戻し、今よりも生活を楽に、楽しく、また自分らしく美しさを磨けるようにいまよりも「動けるカラダ」に導きます。

今よりも動けるカラダにしてからトレーニングへ

 

ダイエットと冷えについて

冷えと言っても外が寒いから仕方ない!痩せて脂肪が減ったから仕方ない!というように、何となくやり過ごしていませんか?

「ダイエット終わったら体重が一気に増えだした!」
「部屋の中でも寒さを感じる」

と今までと違う変化を感じていることはありませんか?それは『筋肉量』落ちている証拠です。

目次

  • 「筋肉が増えると太らなくなる」
  •  「冷えの原因」
  •   パーソナルトレーニング初回体験ご紹介

「筋肉が増えると太らなくなる」

誰しも一度は聞いたことがあると思います。

今日はその点について解説したいと思います。まず、筋肉量が1kg増えると1日の基礎代謝が13~30kcal上がります。(>_<)

「たったそれだけ!?筋トレいらないんじゃ?」

さて、皆様の期待を裏切ったところで(^。^)

太らなくなる理由の一つ目は、体内に蓄えられる糖質量が増やせることです。ヒトは食事をすることで糖を筋肉に蓄え、それをエネルギー源にして身体活動を行っています。

諸説ありますが、筋肉1kgあたり約40gの糖質(コンビニのおにぎり1個分)を体内に貯蔵できると言われています。

 次に、太らなくなる二つ目の理由がリバウンドしづらくなることです。運動をせずに食事制限だけで体重を落とそうとすると筋肉が優先的に落ちます。

これが先ほどお話にあった『冷えの原因』です。

冒頭に筋肉が1kg増えると基礎代謝が13~30kcal増えると言いました。逆に筋肉が1kg落ちれば、同じように基礎代謝も落ちます。体重が3kg落ちて喜んでいてもそれが全て筋肉だとしたら、かなり太りやすい体質を作っているのです…..

このようなダイエット方法は若い時は体重が落ちていても、何度も繰り返すうちに代謝をどんどん落としていくので、次第にその方法は通用しなくなります。

これがリバウンドの原因です。

筋肉をゴリゴリにつける必要はありません。しかし、ダイエットの過程で筋肉量を落とさないことは大切です。のちにリバウンド防止へと繋がります。Branch.ではリバウンドさせないために

『無理な食事制限でなく姿勢改善から始めるダイエット』を行います。せっかく痩せてもスタイルが悪いと元も子もありません!

せっかくダイエット頑張ったのに効果がいまいち ..長続きしない…悩まれている方は是非Branch.までご連絡ください。

昔は痩せていて、洋服も気にせず選んでいた👗

 

でも最近は、、、

 

サイズを気にするように,,,

 

体重が増えて、筋肉量が減ると姿勢を維持するのが難しくなり姿勢が崩れることにより肩こりや腰痛を引き起こしやすくなります。

 

体重が増えたからと食事を抜いても、脂肪は落ちるかもしれませんが同時に筋肉も落ちてしまいます。

何より健康によくないです。

食事もバランスよく摂ることが大事!

筋肉量が落ちると基礎代謝が減り、「痩せにくいカラダ」になってしまいます。

トレーニングで筋肉量を落とさずに運動を習慣づけることで「痩せやすいカラダ」を作ることができます!

程よく筋肉が付くことで姿勢を綺麗に保てるようになり、姿勢の安定にも繋がります!

「あなたらしいカラダ」を目指し、今からトレーニングを始めませんか?

「自分らしいカラダ」とは

誰しも女優さんやモデルさんのような、すらっとした体型を目指しているわけではありません。

目指す姿は人それぞれです。

「いくつになっても旅行が楽しくできるように」

「好きなものを食べても太らない」

「趣味のゴルフでベストスコアを目指したい」

など皆さんの心の中にある理想の自分こそが「自分らしいカラダ」であり、その先の目標ということになります。

 

 

Branch×Rebody

記事作成者紹介

■資格
健康運動実践指導者
JCCA アドバンストトレーナー

■趣味・特技
スポーツ観戦(野球)、サウナ・温泉

■メッセージ
高校卒業後、一度は就職しましたが、自分のやりたい事や目標に向かって突き進もうと思い、運動する事が好きで誰かの為になれる仕事をしたいと思いトレーナーを目指しました。
お客様の悩みや不安を取り除き、なりたい姿へ導く為に全力でサポートさせていただきます。

 

関連記事

最近のブログ

  1. Rebody トレーニングの前に動けるカラダへ
PAGE TOP