BLOG

血液と筋肉

こんにちは😃

トレーナーの中村です。

筋肉は「第二の心臓」とも言われるのをご存知

でしょうか?

これは、筋肉の働きと血液の循環が密接に関係

しているからです。

例えば「力こぶ」💪

上腕に力を入れると筋肉がどんどん大きな力を

発揮して内圧が上がります。すると、動脈から

血液が入りにくくなります!反対に、弛緩して

た時に筋肉の中にあった血液は、筋肉の収縮に

よって静脈を通って絞り出されます。次に筋肉

が緩んだ時には血液がどんどん入ってきます!

ようするに、筋肉が収縮と弛緩を繰り返すと、

心臓と同じような働きをします😊

ふくらはぎの筋肉は、この働きによって血液を

心臓の方に戻しています👍

ちなみにこの動作を「ミルキング・アクション」

と呼ばれています😊

まるで牛乳を搾るように、筋肉が収縮と弛緩を

繰り返して血液を心臓へ送るさまからこう呼は

れるようになったみたいです🎶

筋肉がしっかり動いているということは、体全

体に血液をよく循環させているということでも

あります👍

反対に、同じ姿勢で長時間座っていると、血液

が上に戻らなくなって足が浮腫み、静脈の中に

血栓ができることもあります💦

これがいわゆる、「エコノミー症候群」です💦

やはり、健康を保つためには、日頃からそれな

りに動かして血液を循環させることが必要なの

は血液との関係からも一目瞭然ですね😊

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⭐️ブランチパーソナルトレーニングの考え⭐️
無理な食事制限は一過性のもので長続きしないし、運動が苦手・運動習慣がない方が日常生活でついた癖(猫背やスマホ首)そのままで運動すると健康のために始めた運動が身体を悪い方向に導いてしまいます。無理に運動をするのではなく、まずは、姿勢改善や日頃の癖を正すストレッチから始め、身体の不調を取り除くことからスタートしてみませんか?身体の不調が取り除かれると身体を動かすのが楽しくなり生活習慣に運動を取り入れても苦になりません。

気になる方は是非!お気軽にお問い合わせ下さい!😆

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ記事:中村 大詩
紹介文:私自身、身体にコンプレックスを持ち、外に出るのは嫌でしたが、
トレーニングで身体が変わっていくとどんどん自信がつき今では洋服を
選ぶのが楽しく仕方ありません。
自分の体型を隠す服を着ている方へ、ぜひ自分の好きな服が選べるようば
スタイルになり『人に会いたくなる毎日』を送ってください。
そうなるためのサポートが私の使命だと思っております。

関連記事

PAGE TOP