BLOG

誤解されがちなプロテイン(>_<) ムキムキ意外にこんな効果も!?

パーソナルトレーニングスタジオBranch.

代表 平良 賢志

「プロテイン」と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか?

 

「スポーツ選手やボディービルダーが飲むもの」

「筋肉がムキムキになる」

「飲むと太る」

 

以上ように筋トレやスポーツをしている人が飲んでいるイメージが強いかも知れません。

 

しかし、実際にプロテインには筋肉の成長と、ヘルスケアからメンタルケアまで多様なシーンで効果を発揮します。

例えばあなたが最近、以下のようなお悩みがあるとしたら、ひょっとしたらプロテインで解決できるかもしれません。

・肌荒れが酷い

・髪がぱさついている

・なんとなく気が重い

・最近風邪を引きやすい

目次

  • 1 そもそもプロテインとは?
  • 2 プロテインの効果
  • 3 お肉を食べてればいいんじゃないの?どうしてプロテイン?
  • 4 プロテインの飲み方
  • 5 いかがでしたか?

そもそもプロテインとは?

まず、プロテインとは何でしょうか?

プロテインはタンパク質を粉末状にしたもの、つまりお肉と同じ成分の粉です。

そしてこのプロテインの主成分のタンパク質は人体に欠かせないものなのです。

人間の体の60%は水だと言われていますが、水についで大きな体の構成要素はこのタンパク質で実に20%

つまり、私たちの体の五分の一をタンパク質で出来ています。

また、タンパク質は英語でproteinと呼ばれ、英語でproteinの語源は古代ギリシャ語で『主要なもの』を意味するπρωτεῖος(プロテイオス)からきています。

体にとって主要なものを意味しています。

プロテインは体の2割を構成する最も基本的な栄養素ですから、筋肉ムキムキのイメージとは違ってすべての人が飲んでいいし、むしろ飲んだほうがいいものと言えます。

プロテインの効果

プロテインの効果というと筋肉がムキムキになるイメージがありますが、実際に飲んだだけで筋肉がムキムキになる事はありません。

プロテインを飲んでも筋トレをしないと筋肉は付かないのです。

 

筋肉というのは常に破壊と再生を繰り返しています。

 

筋トレをすると筋肉を傷つける作業になります。そして筋トレで傷ついた筋肉を修復するためにタンパク質が必要になるのでタンパク質を取るためにプロテインを飲むいいと言われているのです。

 

そういう意味ではプロテインはもちろん筋肉にとっても大切ですが、実際にはそれだけではなくて体の材料なので筋肉以外にも骨、血液、内蔵、ホルモン、神経等すべての体の臓器、パーツにタンパク質が使われています。肌荒れ、ぱさぱさの髪、ささくれが多いなども実はタンパク質が不足している場合があるのです。

体を構成する重要な要素ですからタンパク質が不足するとこのように様々なトラブルが体に起こってしまいますが、これほど重要な栄養素ですが、ほとんどの人が食事だけでタンパク質を補うとすると不足してしまいます。

ですから食事と併用して手軽にこの不足しがちなタンパク質を補えるのがプロテインといえます。

お肉を食べてればいいんじゃないの?どうしてプロテイン?

体にとって必要なタンパク質ですが、一般の食品で言えば鶏肉や牛肉、魚や大豆等にタンパク質が豊富に含まれています。

そして一般的には1日に体重1 kg あたり最低でも1 gのタンパク質を摂取することが推奨されています。

つまり体重40 kg の人であれば最低40 gのタンパク質が必要で、体重60kgの人なら少なくとも60gは取るべきです。

そしてこの目安は例えばコンビニなどで売られているサラダチキンで言えば、サラダチキン一個あたり15gから20 g のタンパク質が含まれていますから体重40 kg の女性であればサラダチキン2個以上、体重60 kg の男性の方であれば3つから4つは毎日取らなければいけないことになります。

 

大豆で言うと納豆が有名ですが、もし体重60 kgの人が一日に必要なタンパク質を納豆から摂るとしたら9パックぐらい食べないといけなくなります。

タンパク質を取るためだけに納豆を9パックも食べてしまうと別の病気になってしまう可能性があります。

例えば、プリン体の過剰摂取の危険があります。ですから、効率よくタンパク質だけを摂ることができるのでプロテインは健康を考えたときにとても重要と言えます。

 

プロテインの飲み方

プロテインの飲み方ですが、基本的には水で飲んでください。

プロテインは牛乳から作られているホエイプロテインと大豆から作られているソイプロテインがあります。

ホエイプロテインは牛乳の中の不純物を取り除いて純度の高いタンパク質にしたものですが、

そこに牛乳を入れてしまうとせっかく純度の高いプロテインを作ったのに不純物を混ぜてしまうと

いうことになるのであまりおすすめできません。

飲むタイミングは、運動やトレーニングしたあと30分以内に飲むとというイメージが強いですが、

実はそれだけではなくてどのタイミングでも飲んでもいいものです。

食前食後や寝る前に飲んでも大丈夫です。

ただし、自分が飲んだ量を把握できるようにしておくことは重要です。

例えば体重60kg の人で例えると一食あたり20グラムのタンパク質を飲んでいるのであれば三食朝昼晩ごとに飲むと60 g 達成できます。

ただ、プロテインだけでタンパク質を補うのでもよいですし、食事と併用するとさらに

いいので朝夜だけプロテインを飲んで昼は食事からタンパク質を取る。

あるいは朝だけプロテインを摂って昼夜はお肉や魚を食べて食事からタンパク質を摂取するのもよいです。

 

1日にトータルで十分なタンパク質をとれているかを意識すればいいでしょう。

逆にプロテインを摂り過ぎてしまうとガスが溜まりお腹が張ってしまったり、

体臭が強くなってしまうことがあります。注意していきましょう!

いかがでしたか?

プロテイン(タンパク質)は体になくてはならない栄養素です。

例え筋トレをしていなくてもタンパク質はあなたの骨を作り、皮膚や髪の毛を作り、

ストレスやウイルスから体を守り、傷ついた体を修復してくれます。

 

美容に気をつけている人、ストレス社会に負けない体を作りたい人、何より健康になりたいすべての人にプロテインは強い味方になってくれます。

プロテインを購入できるお店はウェルシアやマツモトキヨシなどのドラッグストア、ゼビオなどのスポーツショップ、Amazonや楽天などの通販サイトなどどこでも簡単に手に入れることができます。

パーソナルトレーニングスタジオBranch.   では

Optimum Nutritionのゴールドスタンダードをオススメしています!

・たんぱく質含有量、溶けやすさ、品質どれも抜群で味も美味しい。

・コストパフォーマンスが良い。

など様々なオススメ理由がございます😜

プロテインは一昔前に比べとても飲みやすくなっています。

味も豊富で飲みやすく、お子様から飲めるように作られています。

是非ご自身にあったプロテインを見つけお食事と併用しながら

健康を維持し、これからの人生100年時代を健康で生きて生きましょう!

ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

初めての方でも気軽にお試し頂けるように「初回お試しレッスン」をご用意しました。

パーソナルトレーニングって、どんなことするの?
ジムやの雰囲気って? トレーナーはどんな人かな?
きついトレーニングは苦手 継続する自信がなくて、、、私にもできるかな?

など不安や疑問をお持ちの方に、パーソナルトレーニングの内容やジムの雰囲気を知って頂くための体験レッスンです。
お気軽にお問合せください。もちろん無理な売り込みや不要なご案内はございませんので、ご安心ください。

関連記事

PAGE TOP