BLOG

バナナはボディメイクの為の炭水化物として優れているか?

中島 裕太

こんにちは😁

トレーナーの中島です🙌

アスリートや筋トレをしている人の多くが

間食や栄養摂取でバナナをよく食べている

印象を持ちませんか?🤔

目次

  • 1 「バナナ」はボディメイクに適しているのか?
  • 2   GI値が低い!
  • 3   最後に
  • 4   オススメ記事紹介

1.「バナナ」はボディメイクに適しているのか?

バナナはフルーツの類ですが

「フルーツ=健康」

「フルーツ=太る」

など印象は様々です。

その中でも今回は「バナナ」に注目していきます🔥

「バナナ」はボディメイクに適しているのか?🤔

結論から述べると

「バナナ」を食べる事に適したタイミングと

そうではないタイミングがあります💡

〇朝食、間食や運動前の栄養補給に

   向いている

☓運動後や夜ご飯、主食の炭水化物としては

 もっといい選択肢がある

朝食や運動前の栄養補給に向いている理由

①速吸収できる炭水化物である

②糖質量が細かく調整できて

 どこでも手に入る

③GI値が低く血糖値を上げすぎない

④電解質(ナトリウム)の補給が可能

速吸収できる理由としてフルーツなどに含まれる果糖は

ブドウ糖よりも吸収が早いと言われています。

バナナ100g(一本)あたりの糖質は約20gであり

バナナは半分にしたり等小分けにすることが可能で

糖質の量を計算しやすいメリットがあります。

またスーパーやコンビニどこでも手に入る事も理由のひとつです。

2.GI値が低い!

バナナはGI値が低い食材で

他の食材と比べると

食パンはGI値が91、白米は84

なのに対しバナナは55です。

GI値については省略しますが

GI値が高いと

血糖値を急激に上げてしまい脂質や他の栄養素を蓄えようとする作用があります。

運動前の栄養補給にはGI値が低い物が好ましくバナナは優秀な食材と言えます。

電解質については聞きなじみがないと

思いますが

電解質の摂取は筋トレやスポーツのパフォーマンスを向上させる効果が期待できます。

筋肉を収縮させたり緩めたりする役割も果たします。

筋トレやスポーツには必要な栄養素と言えます。

3.最後に

以上の事から間食や運動前の栄養補給に向いている食材としてバナナをおススメします。

運動後や主食の炭水化物としてバナナを

おススメしない理由は

運動後の筋肉へのリカバリーとして

ある程度血糖値を上げタンパク質や他の栄養素を吸収したい為、バナナよりもGI値が高い物の方が効率が良い為です。

バナナはタイミングを選べばボディメイクや

スポーツの為の優秀な食材です。

ぜひ参考にして下さいね。

次回もお楽しみに!

4.オススメ記事紹介

記事:中島トレーナー

筋トレで服が似合う体をつくろう!近年のトレンドであるビッグシルエットちょっと太っていても簡単に着れてしまう・・・今はよくてもトレンドはいずれタイトシルエットの方向に向かっていくはずです。今からでも遅くありません!オシャレを楽しむため体系をキチンと管理していきましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⭐️ブランチパーソナルトレーニングの考え⭐️
無理な食事制限は一過性のもので長続きしないし、運動が苦手・運動習慣がない方が日常生活でついた癖(猫背やスマホ首)そのままで運動すると健康のために始めた運動が身体を悪い方向に導いてしまいます。無理に運動をするのではなく、まずは、姿勢改善や日頃の癖を正すストレッチから始め、身体の不調を取り除くことからスタートしてみませんか?身体の不調が取り除かれると身体を動かすのが楽しくなり生活習慣に運動を取り入れても苦になりません。

気になる方は是非!お気軽にお問い合わせ下さい!😆

また、ブランチでは、自宅で簡単にできるエクササイズ動画、

トレーニングやダイエット関わる情報をLINE公式アカウント

より配信してまいります。

少しでも運動不足解消の手助けになれれば幸いです!

【ブランチ公式アカウント】

友だち追加

宜しければ友達登録していただきご活用下さい。

関連記事

PAGE TOP