BLOG

産後のお悩み改善!『骨盤底筋』について

深谷 華菜

こんにちは!

トレーナーの深谷です。

『骨盤底筋』という筋肉の名前は

皆さんもなんとなくお聞きになったことが

あると思います。

今回はこの『骨盤低筋』について

詳しくご紹介していきます。

目次

  • 1   『骨盤底筋』は
  • 2   骨盤底筋の機能
  • 3 原因
  • 4  他にも・・・
  • 5   最後に

1.『骨盤底筋』は

まず、『骨盤底筋』はその名の通り

骨盤の底にあり、恥骨から尾骨の間に広がる

複数の筋肉群のことです。

『骨盤底筋群』とも言われています。

主な役割は、膀胱、子宮、膣、尿道、

直腸などの臓器をハンモックのように

骨盤の下から支えています。

また、尿道を締める・緩める働きをし、

私たちの重要な排尿機能を担っています。

2、骨盤底筋の機能

『骨盤底筋』がしっかり機能していると

尿意を感じても尿道を締めることができ、

しばらく我慢することができます。

しかし、『骨盤底筋』が衰えると

尿道や肛門を締めにくくなり、

くしゃみや咳など少し腹圧が加わるだけで

尿漏れをしたり、尿がたまっていないのに

頻繁に尿意を感じたりしてしまいます・・・

3、原因

『骨盤底筋』は加齢とともに衰えていくと

言われておりますが、妊娠や出産も

『骨盤底筋』が緩む要因となります。

妊娠して、お腹の中の赤ちゃんが

大きくなるとともに

子宮が風船のように膨らんでいきます。

子宮が膨らむと尿道や肛門が圧迫されます。

また、赤ちゃんの重さを支えるため

『骨盤底筋』に負荷がかかります。

さらに、出産時には赤ちゃんの通り道となるため

『骨盤底筋』が強いダメージを受けます。

このダメージがしっかり回復できないと

『骨盤底筋』は緩み、弱くなってしまうのです・・・

4、他にも・・・

また、エストロゲンという女性ホルモンも

尿漏れや頻尿に関係しています。

エストロゲンは筋肉を

維持する働きがありますが、

更年期前後から減少していきます。

エストロゲンが減少すると、

『骨盤底筋』が緩んで弱くなり

尿漏れや頻尿などが起こりやすくなります。

そして、運動不足も『骨盤底筋』が

衰える要因となります。

運動不足で足腰の筋肉が衰えるのと同様に、

運動による刺激が少ないと

『骨盤底筋』も衰えてしまうのです・・・

5.最後に

実はこの『骨盤底筋』が衰えると

尿漏れ、頻尿だけではなく

腰痛や下腹ぽっこり、姿勢が悪くなる等

様々なトラブルにつながります。

このお話はまた次回ご紹介致します!

では、今日はここまでです!

次回もお楽しみに~

関連記事紹介

記事:深谷トレーナー
産後ダイエットトレーニング風景

いつも仕事や家事で大変なお母さんが笑顔でいると子供達やお父さんも楽しい雰囲気で幸せな時間がおくれます。ママの笑顔が家族の幸せの中心になると私は信じています。笑顔になるパーソナルセッションはもちろんのことトレーニングをすることで『オシャレを楽しめるスタイル』を全力でポートする事を約束し『ママに寄り添えるパーソナルトレーナー』を目指します。

また、ブランチでは、自宅で簡単にできるエクササイズ動画、トレーニングやダイエット関わる情報をLINE公式アカウントより配信してまいります。少しでも運動不足解消の手助けになれれば幸いです!

【ブランチ公式アカウント】

友だち追加

宜しければ友達登録していただきご活用下さい。

関連記事

PAGE TOP