BLOG

肥満にはタイプが3つある🐷

こんにちは!トレーナーの古賀です🙋‍♂️

肥満には3つのタイプがある事をご存知でしたか?

今日は3つの肥満タイプのお話です!

まず脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、

3つの肥満タイプが、

①リンゴ型

②洋ナシ型

③バナナ型

です。どこに何の脂肪が付いているかで、肥満のタ

イプが分けられます。

タイプによって少しダイエット方法が変わってきます!

🍎リンゴ型タイプの特徴

リンゴ型内蔵脂肪型肥満と言われています。

お腹の皮は薄いのに内臓に脂肪が付いていて、

上半身やお腹がポッコリしています。

ウエスト➗身長=0.5だと内臓脂肪型肥満の

可能性が高いです。

リンゴ型肥満は基礎代謝、特に糖質の代謝が

悪い事、運動不足が原因と言われています。

💡ポイント

①食事の糖質の量を控えめにする。

②糖質をエネルギーに変えるビタミンB 1で

 糖代謝を上げる。

③筋力トレーニングと有酸素運動で、基礎代謝

を上げて、脂肪燃焼させる。

🍐洋ナシ型タイプの特徴

洋ナシ型肥満は皮下脂肪型肥満と言われ、

下腹や、お尻、脚などの下半身に脂肪が付いて

いる事が特徴です。女性に多い特徴で、

皮下脂肪は一度つくと減らす事がなかなか

難しいと言われています。

洋ナシ型肥満は、基礎代謝が低い事が原因

の1つだと言われています。

💡ポイント

①食事の糖質と脂質の量を控えめにする。

②下半身を中心とした大きな筋肉の筋力

 トレーニングとマッサージをする。

③身体を冷やさないようにし、代謝を

低下させ ないよにする。

🍌バナナ型タイプの特徴

バナナ型肥満は、全体的にはスリムな

体型にもかかわらず、下っ腹に脂肪が

ついてポッコリお腹になっています。

若い頃は基礎代謝量も高めで太りやす

くないものの、加齢による代謝量の低下

から痩せにくくなっていきます。

また、筋肉量が少ない事から1度太ると

痩せにくいと言われています。

バナナ型肥満は、筋肉量が少なく脂肪

が燃焼しにくいと言われています。

💡ポイント

①タンパク質多めの食事にする。

②大きな筋肉を中心とした筋力

トレーニングをする。

③身体を冷やさないようにし、代謝

を低下させない。

✍️まとめ

🍎リンゴ型はお腹周りに脂肪つく。

🍐洋ナシ型

下半身に脂肪つく。

🍌バナナ型

太りにくいが、筋肉もつきにくい。

それぞれのタイプに対処法があるものの、

共通する事は、筋トレでしたね!

やはりダイエットに運動は切り離すこと

のできない要素です。

食事内容の改善➕運動で健康的に

ダイエットしましょう🤗

また、ブランチでは、自宅で簡単にできるエクササイズ動画、

トレーニングやダイエット関わる情報をLINE公式アカウント

より配信してまいります。

少しでも運動不足解消の手助けになれれば幸いです!

【ブランチ公式アカウント】

友だち追加

宜しければ友達登録していただきご活用下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事:古賀トレーナー

紹介文:皆様それぞれにご自身の体にお悩みや目的・目標があり、痩せてスリムになりたい方、

姿勢を正しくしたい方、また昔の私のように痩せていて、健康的に体を大きくしたいという方。

そういった方々の悩みを少しでも解消し、目的目標を達成して頂けるように

寄り添った指導を行うパーソナルトレーナーを目指しています。

関連記事

PAGE TOP