BLOG

腰痛改善のポイントは呼吸!? 間違いやすい呼吸をわかりやすく解説します😜

パーソナルトレーニングスタジオBranch.

代表 平良 賢志

普段、呼吸でどこの筋肉を使っているか?

と意識している方はそんなに多くないと思います。

しかし、これを知っておくことで肩凝り&腰痛改善、

そしてダイエットに至るまで役に立つこと間違いなしです!

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

  1. 呼吸の主役は『横隔膜(おうかくまく)』
  2. 横隔膜の働き
  3. 横隔膜が正常に動く事が腰痛改善に繋がります。
  • 呼吸の主役は『横隔膜(おうかくまく)』

横隔膜は肋骨の内側に膜のようについている筋肉です。

 

「ドーム状」の形をしています。

横隔膜を挟んで上に肺があり、下にそのほかの内臓があります。

 

この横隔膜を囲む肋骨とその後ろの胸椎(きょうつい:背骨の首と腰の間の部分)

 

で形成される部分を「胸郭(きょうかく)」と言い、胸郭の内側の空間

 

(肺や肝臓、心臓があるところ)を「胸腔(きょうくう)」と呼びます。

 

一方、胸郭の下の部分、つまりお腹の内側の空間は「腹腔(ふくくう)」と呼びます。

横隔膜は言わば、「胸腔と腹腔を隔てる天井部分」みたいな存在なのです。

横隔膜の働き

「呼吸の主役は横隔膜」呼吸をするとき横隔膜はどのように動くのでしょうか?
①息を吸うと横隔膜は収縮して下にさがり(下降)、平らになります。
②息を吐くと横隔膜は上に上がり(上昇)、弛緩して元のドーム状に戻ります。
こんなイメージ
この横隔膜の上下動が起こることによって、胸腔内の圧力に変化が起きて肺が動くのです。
呼吸というと、「息を吸って肺に空気が入って膨らむ」ようなイメージを持っている方も多いかもしれません。
しかし実際は「肺自体には筋肉が付いていない」ので、自力で動いているわけではないのです。
あくまで「横隔膜の上下動による胸腔内の圧力変化によって肺は動いている」ということを覚えておいてください(^o^)
①息を吸うと横隔膜が下降して肺が膨らみ、空気が入る
②息を吐くと横隔膜が上昇して肺が萎み、空気が出ていく
というイメージです。(上記の動画を参照)

横隔膜が正常に動く事が腰痛改善に繋がります。

このように、横隔膜は呼吸を行う際の主役となる筋肉です。

ところが、実は呼吸の際に横隔膜が正常に動いていない方が多いのです。
横隔膜が正常に動かないとということは「正しい呼吸」ができていないということ。
そして、横隔膜を正常に使えない「誤った呼吸方法」が肩凝りや腰痛
さらに姿勢不良や「脚線美の崩れ」をも引き起こしているのです。
特に、女性の方は「脚線美の崩れ」という部分にはギクッとなる方、多いのではないでしょうか?
腰痛や肩凝りがどうして呼吸と関係あるの?
と不思議に思う方も多いかもしれませんね。

 

その答えは次回また投稿しますね。

また呼吸の事を深く知りたい。
詳しく知りたいという方は↓

オンライン勉強会

私たちのジム(パーソナルトレーニングスタジオBranch.)

初めての方でも気軽にお試し頂けるように「初回お試しレッスン」をご用意しました。

パーソナルトレーニングって、どんなことするの?
ジムやの雰囲気って? トレーナーはどんな人かな?
きついトレーニングは苦手 継続する自信がなくて、、、私にもできるかな?

など不安や疑問をお持ちの方に、パーソナルトレーニングの内容やジムの雰囲気を知って頂くための体験レッスンです。
お気軽にお問合せください。もちろん無理な売り込みや不要なご案内はございませんので、ご安心ください。

関連記事

  1. ブランチのトレーニングステップ1
PAGE TOP