BLOG

『腱』について

パーソナルトレーニングスタジオBranch.

中村 大詩

こんにちは

トレーナーの中村です。

今日は筋肉ではなく、のお話です。

目次

1 腱とは?
2 例えば・・・

1、腱とは?

たまに、スジを痛めたなど聞きますがもしかした

らそれはそれは腱かもしれません。

腱とは、筋肉と骨を結んでいる組織です。一番大事

な仕事は、筋肉が出した力をダイレクトに骨に伝え

ることです。

腱はゴムみたいに伸び縮みしやすいと思っている方

も多いかと思いますが、腱は基本的にヒモのように

伸びにくい性質を持っています。

しかし、長い腱となると伸び縮みするものもありま

す。代表的なものがみなさんご存知「アキレス腱」

です。走ったり歩いたりしている時は、アキレス腱

が伸びたり縮んだりしながら、弾性エネルギーを効

率よく使っています!

カンガルーは走る時にぴょんぴょんとホッピングし

ます。カンガルーはとりわけ太く長く発達したアキ

レス腱をバネのように使って跳んでいます!だから

エネルギー効率がものすごく良く、人間よりもはる

かに少ないエネルギーで走ることができます。

腱が縮む速度は筋肉が縮む速度より速いので、人間

は素早い動きをする時にも腱の縮むスピードをうま

く利用しています。

2.例えば・・・

例えは、デコピン。デコピンは指をロックして力を

溜め込んでから、一気に解放することで、スピード

と威力が出ます!実は前腕の腱もかなり長く、デコ

ピンは弓矢と同じように伸びた腱が戻ることを利用

してエネルギーを放出しています。

足でも同じような働きが起こっています。一度かが

んでからボンとジャンプ、走り高跳びのように、走

ってきたスピードを殺さないようにして、ドンと踏

みきって上に跳び上がるなど。これらも原理は同じ

で、反動動作によるエネルギーを逆方向の動作を利

用しています。

筋力を使ったパワーに比べると、それほど大きな力

ではありませんが、腱をうまく使うことによってパ

フォーマンスを高めることは重要となります。

3.関連記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⭐️ブランチパーソナルトレーニングの考え⭐️
無理な食事制限は一過性のもので長続きしないし、運動が苦手・運動習慣がない方が日常生活でついた癖(猫背やスマホ首)そのままで運動すると健康のために始めた運動が身体を悪い方向に導いてしまいます。無理に運動をするのではなく、まずは、姿勢改善や日頃の癖を正すストレッチから始め、身体の不調を取り除くことからスタートしてみませんか?身体の不調が取り除かれると身体を動かすのが楽しくなり生活習慣に運動を取り入れても苦になりません。

気になる方は是非!お気軽にお問い合わせ下さい!😆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、ブランチでは、自宅で簡単にできるエクササイズ動画、

トレーニングやダイエット関わる情報をLINE公式アカウント

より配信してまいります。

少しでも運動不足解消の手助けになれれば幸いです!

【ブランチ公式アカウント】

友だち追加

宜しければ友達登録していただきご活用下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ記事:中村 大詩
紹介文:私自身、身体にコンプレックスを持ち、外に出るのは嫌でしたが、
トレーニングで身体が変わっていくとどんどん自信がつき今では洋服を
選ぶのが楽しく仕方ありません。
自分の体型を隠す服を着ている方へ、ぜひ自分の好きな服が選べるようば
スタイルになり『人に会いたくなる毎日』を送ってください。
そうなるためのサポートが私の使命だと思っております。

関連記事

PAGE TOP